fish_violet.gif 南伊豆高原オートキャンプ場 古里fish_violet.gif  

キャンプ場出来事

2017年6月28日 その1

銀竜草(ぎんりょうそう)2017年6月16日撮影

裏の獣道を散歩していたらこのような花が咲いていました。

調べてみると、シャクジョウソウ科の多年草でベニタケ族菌類と共生し間接的に有機物を

吸収しているそうです。きのこと共生ですか。また、中国では水晶蘭と呼ばれているらしいです。

梅雨時は雨に打たれ泥や虫に汚されてしまうそうですが、幸運

にも、咲いたばかりでした。 

その2

アキアカネ (赤とんぼ)2016年11月撮影

白菜の苗にとまる赤とんぼ

キャンプ場には夏から晩秋にかけ色々なトンボがたくさん飛んできます。

 2017年5月21日

2017/8/2 800番でプレゼント済みです。

18ピースDIY便利工具セットです。

コンパクトによく使う工具が18種類です。自宅でちょっと使うにもよし。

車に積んで置いてもよしです。

2017年5月21日

キツツキが場内枯れ木に巣を作っていました。

先日自宅の東側から木をつつくような音(コココココ・コココココ)と聞こえ始めたので

その周辺を歩いてみると、地面に木のカスがいっぱい散らばっていました。さらに

その木の上の方を遠くから見たところ穴のようなものが見えたので

これはキツツキではとしばらく観察していると写真のようにキツツキが飛んできて

コツコツと巣をつくっていました。 営巣は夫婦で交代制のようです。

仲が良いと大変な仕事も少し楽になります。

2017年4月7日

次のプレゼントです。

2017/5/2プレゼント済みです。

温、湿度計です。買ってまでも欲しくないが、貰えるなら

得した気分になります。家に一個あってもいいかもです。

 

2016年10月21日

土竜(モグラ)

ここのところ連日、石垣や、あしたばの土手付近を大イノシシに壊され修復に大変

困っています。石垣や土手をめちゃくちゃに壊した後、仮設トイレ付近の栗の実も食べてゆきます。

そのため夜、早朝に場内の点検を行っています。更には場内に住んでいるモグラも活性が良いようであちこち

モグラのトンネル跡で地面が膨らんでいます。そんな本日早朝、もいつものように点検に回っていると、テントサイ

トさくらの進入路の法面の地面が、もこ・・もこ・・っと動いているではないですか、これはモグラを捕まえるチャン

スと思い、頭の中で捕まえる方法を考えていましたが、近くに木の枝や、シャベルも無いしどうしようか?と、考えてい

ましたがここは逃がしてなるものか!と思いついたのが、手刀で一気に通路を壊す方法でした。思い切ってその動い

ている所をブスっ!と差しました。すると動きは止まりました。これは穴の奥に逃げられたかなと思いその付近の土

を払うとなんとじっとしている黒っぽい綺麗で高級そうな毛皮が見えるではありませんか。ここまで来たら絶対逃がしてなるもの

かと、猫の真似をしてピシっピシっとモグラほじくっていると、ついにモグラは法面から転げ落ち、直後、逃げようと一生懸命

手足を動かしていましたが、身体が太っていて手足が空回りし、素早く前へ進めず、すぐにじっとして動かなくなりました

その後バケツに捕獲し、場内を壊す憎きやつ!と一瞬思い処分も考えましたが、バケツの中で逃げようと必死に動いてい

る姿を見ていたら何とも可愛いく思われ、処分を諦め、場内から離れた場所に逃がしました。

お願いだから場内にはもう来ないでね!他の山で元気に生きるのですよ。・・・・

2016年10月1日

スズメバチ(大スズメバチ×キイロスズメバチ)

裏の庭に植えてある柿の実を食べに大スズメバチやキイロスズメバチがが来ます。

本日は、大スズメバチが、キイロスズメバチを襲っていました。しばし転げまわりキイロスズメバチが

反撃していましたが、やがて力尽き大スズメバチが抱えてどこかへ連れて行ってしまいました。

恐るべし大スズメバチでした。

2016年7月3日

ササユリ

場内の数か所でササユリが咲きました。毎年イノシシの襲撃で

大分減ってしまいましたが、まだ残っているようです。

日本を代表するユリで中部から九州にかけ分布し

関東では見ることができないそうです。

南伊豆で有名な天神原ササユリ園が近くにあり、ササユリ祭りも行われており

沢山のササユリを鑑賞できます。

機会がありましたら是非行ってみてください。

次のプレゼントです。2016年3月5日

7月23日プレゼント済です。

チョイ釣に最適。腰かけにも便利なミニクーラーボックスです。

容量は7リットル・350缶なら9本、500mlペットボトルで6本

入ります。

大物が釣れた場合は入りませんが、ハゼ、キス、小サバ、小あじなら

ちょうど良さそうです。

ベルト付。 

2016年2月6日

ナマコが捕れました。2016年2月6日撮影

2月6日に松崎町まで食糧の買い出しに行ったとき、昼食の弁当を食べようと

松崎漁港へ行くと、岸壁にナマコが付着していました。

手持ちのジグにひっかけて採捕し、撮影後リリースしました。

大きさは15センチ位、たぶん赤ナマコだと思います。

 

2016年1月5日

南伊豆の菜の花が咲きはじめました。

本日は用事で、下賀茂方面へ行ったところ、なんと菜の花が3分咲きで見ごろ

になっていました。とても暖かく、半袖で過ごせそうです。

2015年11月9日

アサギマダラ タテハチョウ科マダラチョウ亜科

ものすごく長距離を旅するチョウで、日本から台湾や沖縄まで

旅するそうです。(2200キロくらい)

撮影日 2015年10月7日

エダナナフシ

受付の建物の裏に立てかけた木に居ました。

ひげが長いです。

撮影日 2015年9月10日

2015年9月13日

保護したカブトムシの幼虫が生育してました。7月10日できごとの続き

今年春にアナグマの被害から保護したカブトムシの幼虫約25匹を

育て、7月下旬に約20匹が羽化し成虫となりました。

その後、18匹ほどを自然に返し、オスメス2組を飼育しておりましたが、9月上旬に天命全うしました。

保護したカブトの羽化後の生育期間は7月21日にサナギから羽化

して、9月11日まで4匹平均で約45日でした。

そして、先日子孫の確認の為、飼育箱内の朽ち木の破片を移動させたとき

その下に写真の様なちび幼虫が6匹いました。

来年まで大切に育てて、成虫オスメス2組を残し、その他は自然に返す予定です。

状況により、他からの生体も入れる予定です。

2015年9月13日撮影

2015年7月24日

変なキノコが生えていました。

 

本日テントサイト(サイト名しいの木)の清掃を行っていたとき、しいの木の根元に、

写真の様な、テルテル坊主にとげが生えたような、奇妙なキノコを発見しました。

一体なんという名前のキノコなのでしょうか?観賞用でしょうか?

たぶん猛毒のキノコで食べれば死亡するでしょう。、名前がWEB検索で上手く探せませんでした。

当方管理人は、貴重なキノコではなかろうかと思い、撮影しました。

サイトにキノコが生えている場合、腐ると臭いので取り去ってしまうのですが

今回は、明日取り去ります。

このページを見た方で、知っている方が居ましたら教えて下さい。

※ 7/24夜、早速お客様より朗報をいただきました。このキノコの名前は

シロオニタケという名前らしいです。調査にご協力頂きありがとうございます。

名前がわかり調べたところ、どうやらシロオニタケで間違いなさそうです。

やはり毒キノコで、胃腸など消化器系の中毒症状や、神経系の異常を

きたす毒があるそうで、最終的にはカサが開き、弱い異臭を放つそうです。

白くて、とげがあり、てるてる坊主のような・・・きのこ  奇妙です。

2015年7月10日

今回はカブト虫のサナギです。 日本カブト(オス)2015年7/10日撮影

昨年生まれたカブト虫の幼虫を森から保護し、飼育箱で育てていました。

理由は、近年アナ熊が大量繁殖しており、そのアナ熊の大好物がこのカブトムシの幼虫なのです。

そのため、森の腐葉土などにカブト虫が産卵し、やっと3齢幼虫まで育った頃に、アナ熊のごちそうに

なってしまうため、全滅を危惧して保護し、やっとサナギまで生きながらえてくれました。

森の腐葉土の中はアナグマのレストランです。

アナ熊は、むじなと言ってタヌキよりおいしいらしいです。アナグマを大好物とした生き物は

いないみたいですが、昔は人間が食べていたらしいです。私も一度食べてみたいですが

あの顔(鼻がとんがったこげ茶)を見ると何とも・・・・性格は能天気で夜間人間が近づいても

平気な顔して落ち葉の中のミミズを漁っています。2〜3m位に近づいてやっと気が付き、もたもた

のんびり逃げていきます。。

まあ弱肉強食で自然の摂理と思い仕方ないことなのですが、日本カブトも増えて欲しいな

と思いました。(減ったらこまるな〜)

そんな訳で、カブトムシのサナギもあと10日程で成虫になり森に放す予定です。

最近は森に、人の手が入らなくなり、蜜の出ない雑木が生い茂りクヌギやナラの木から蜜がでません。

せっかく保護しても、カブトムシさんも食糧不足で困るのでしょうかね〜

やはりなんでも生き物は植物も含め種のバランスが大事ですね。

2015年6月29日

2015年8月4日プレゼント済です。

次のプレゼントです。

ニトリ 折り畳みレジャーテーブルです。

秋の運動会などにどうでしょうか?

または、車でアウトドア移動中、家族でちょっと食事などにどうぞ。

2015年3月17日

本日はしいたけです。昨日の雨のおかげでしいたけが大分育っていました。

2年前の1月頃に伐採した椎の木やコナラの木を80センチくらいの長さに切って

1週間位ねかせ、ホームセンターで売っているしいたけの駒菌(290にくまる)を植菌したものです。

冬季ににも発生しますが、乾燥気味でゆっくり育つため少し身がかたいですが

歯ごたえ、舌触り、風味は大変良いです。山のアワビです。

冬季に発生するものは「どんこ」といってカサにひびが入り良品だそうです。

写真のしいたけは、もう普通の柔らかいしいたけです。しいたけのバターステーキや

焼きしいたけにもってこいです。更にあぶったしいたけを日本酒の中に落とし、香を楽しむしいたけ酒もうまいです。

栽培方法(自己流です)

12月頃に樹木が落葉し、水分を上げなくなった頃伐採し、伐採後切り口にひびが入るくらい乾燥させ

た後、専用のドリルの刃で穴(8.5mm)を空け駒菌を打ち、半年くらいねかせます。

同年の秋にちょびっと発生しますが、本発生は2年目です。大体3年から4年目で木が

腐り樹皮がはがれたらその木は終わりです。ですがそのころから今度は、クワガタの

格好のエサになり、腐った木を割ると中からコクワガタの幼虫が出てきます。

本当に自然には無駄がないです。

その他

あるシイタケ栽培のコツみたいなHPでは伐採後すぐに植菌した方が良いと書いてありました。

なぜか?木の中に水分があった方がしいたけの菌が繁殖しやすい様です。

適した樹種は、クヌギが最高に良いらしいです。その他ナラ、コナラ、椎の木

サクラ等がありますが、椎の木やさくらは長持ちしません。樹皮が薄いため?なお椎の木は切ってそのままでも

条件さえ合えば、勝手にしいたけが生えてきます。

2015年3月17日

次のプレゼントです

※2015年5月2日 明細番号500番でプレゼント済みです。

ご利用明細書の発行番号が下2ケタが00や50など

になったお客様にプレゼントしております。

LEDランタンリモコン付きです。

テントの天井などに吊るして使っているときは、床に入った後、消したり

点けたりがめんどうですよね〜 これなら横になったままリモコンでスイッチオン

オフができ便利だと思います・・・ 私は使ってませんが・・・想像です。

毎回ランタンなどの照明ばかりですが、次は少し変える予定です。

2015年2月26日

本日はヤマアカガエルです。

毎年初春2月頃になると管理棟裏にある、雨水用水路にやまあかがえるが30匹くらい産卵に帰ってきます。

大きさは7センチくらいで、鳴き方は「けろけろ」ではなく「トゥルートゥルー」と鳴き、雨でも降ると

大合唱になります。今年もたくさんの卵をうんでいきました。

元気に育って来年も「トゥルートゥルー」と大合唱楽しみにしております。

丘陵地、山間森林内、その周辺にある小川や池に生息するようです。

左 ヤマアカガエル  右ヤマアカガエルの卵

注 撮影日は今年ではありません。

2014年11月23日

下田がんバル南伊豆共同開催(11月29日〜11月30日)のお知らせ。

下田や南伊豆のグルメ、温泉、観光施設が格安で楽しめます。

下田がんバルとは・・・

一般的な街バルは飲食店のみが参加し1軒(チケット1枚)で1フード1ドリンク、これをはしごする、主に大人向きのイベントです。

 しかし下田がんバルは一味違います。観光都市である下田には下田水族館や遊覧船、ロープウエーなどの観光施設

があり、またあちこちに温泉もあり、土産店も沢山あります。もちろん飲食店も豊富です。

「下田がんバル」ではこれら全てを融合させました。

それはまるで下田市が一つの巨大テーマパークと化したようです。

1綴りのチケットで、遊んで食べて温泉につかって一杯飲んでお土産が買えます。

今や全国各地で盛んに開催されるバルイベントですが、子供から大人、お年寄りまでみんなで1日中楽しめるのは

下田がんバルだけです。ちなみに通常1500円〜2000円の観光施設(下田水族館、遊覧船の黒船)や日帰り

温泉も1チケット(700円相当)で利用可能です。

以上公式HPの内容です。今回は下田市、南伊豆町共同開催により、飲食店や温泉施設等が大幅に増加しています。

チケットは前売り券3500円 当日4000円です。

URL http://shimodabar.jp/

 

プレゼントのお知らせです。2014/8/12 ↓

↑8月16日プレゼント済みです。

ミニLEDランタンです。連続点灯時間70時間

防雨型 強弱調整可能 0.5Wをペアで。電池は付属しません。

キャンプ時の枕元照明にどうでしょうか?電池は単四電池4本です。

現在の明細書Noは436です。当選は受付当日発行の明細書の番号が

例えば 250とか300など50番ごとにプレゼントしております。

個人的趣味のものばかりですが今後も宜しくお願いします。

オーナーより

 2014年5月 県道223駿河湾フェリー

清水まで仕事で行ってきました。当日清水までは車で行き,、帰りは

駿河湾フェリーに車ごと乗船しました。(車一台とドライバー1人まで込みの価格です)

乗船券もこの時期非常に安く、ちょっとした船旅は気持ちよかったです。

船内には売店や、浜焼きの店がありビールでも飲みながら最上部のデッキから景色を眺めるのもいいと思います。

あっという間の65分。土肥に到着してしまいました。

何よりいいのは、土肥から車で2時間くらいかかるのに対してこの航路で土肥〜清水間が

たったの65分です。運転なし、景色最高、リッチな気分、助手が居れば酒も飲める等いいことずくめの旅でした。

静岡西部からキャンプ場にご来場されるお客様も一度乗船してみては。

例⇒清水の魚河岸 河岸の市(生鮮魚市場+海鮮どんぶり等のお食事処がたくさんある)で昼食⇒フェリー⇒

土肥着⇒松崎経由⇒当キャンプ場⇒BBQ

次の00番のプレゼントです。2014年4月26日

2014年7月21日プレゼント済みです。

超軽量フィールドライフトレッキングチェアをペアで

プレゼントです。 約2000円相当

おしゃれでで軽くて収納は小さく。

釣りのお供に便利です。

サイズ210×210×230

重さ320グラム

材質1680Dオクスフォードクロス(裏PUコーティング)

フレーム アルミメッキ加工

 

2013年7月15日

2013年8月14日プレゼント済みです。

※50番目とは到着後受付時に発行する明細書の番号のことです。

今回350番が出ましたので、次回は400番で、50番ごとに

何かプレゼントを予定します。

次の50番目のプレゼントです。

ピーコック ジュニアジャグ 2.0L レッド

そのまま飲める直飲ストレートドリンクタイプ

容量2リットル・安全ロック付きワンタッチオープン

ネームタグ付きショルダーベルト

2013年4月12日

2013年7月13日プレゼント済みです。

次の00番のプレゼントです。

現在284です。今後50番おきに何かをプレゼント予定です。

trad マルチラジオペンチです。(大)

ワイヤーカッター付きラジオペンチ、ブレード、ノコギリ、

プラスドライバー、マイナスドライバー3種、缶きり、栓抜き、やすりがセット。

見た目もGOOD

折り畳めばコンパクトになるため持ち運び

に便利です。

 

2012年6月27日

次の00番の方のプレゼントです。

プレゼント済みです。

フィールドチャッカーW

吸収体入専用容器(ボンベ)を使用することにより、点火直後に火口を下に向けて使用しても、

生ガスが出ず、安全に使用する事ができます。

幅広火口でソフトな炎。炭の跳ね返りも少なく安全。着火しにくい備長炭の火起しにも最適な幅広火口を使用。

さらに着火剤に比べ安全・確実、しかも経済的に火越しができます。専用容器(ボンベ)

1本での使用時間は約90〜110分。

1kgの炭を約15回、火起しができます。※従来のバーナーに比べ炭の

跳ね返りが少なく安全ですが、

火越しの際は保護メガネ等をして、

ケガ・やけどには十分注意してください

2012年4月16日

プレゼント済みです。

今までも入場100番目(こちらで受け付け時に発行する明細書の番号)のお客さまや200番目のお客さまに粗品を

プレゼントしておりましたが今回はグレードを上げ(ちょっとですが)このような物になりました。使ったことは無いのですが

見た感じや箱に書いてある内容から個人的に自分が欲しいなと思った物です。

今後は50番単位でのプレゼントも予定しております。

2WAYランタン1 グリーン BD-291G[ハンディライト led 電池式

アウトドア ランタン LED ライト グリーン

2011年1月1日

HPの更新作業をしていたら、写真フォルダーに昨年捕まえた玉虫の写真が

ありました。 生きている玉虫を見たのは35年ぶりくらいのことです。

4月12日

春なのに、寒い日があったり急に暑くなったり、今年は体調を崩す方も多いのではないでしょうか?

当キャンプ場はこれからのシーズンに向けて整備をし、お客様が気持ちよく過ごせるように日々

努力をしています。お天気が良く、気持ち良いキャンプ日和が送れるよう

頑張りますのでどうぞ、宜しくお願いします。

 

メインクーン雄 

猫鍋といって土鍋に猫が寝ているのがありますが、

この猫は金鍋に入り、猫鍋になりました。

IMG_3856.JPG

 

 
Copyright (C) furusato2009 All Rights Reserved.